沿革

1971
横浜市に会社設立

 

1973
害虫捕獲駆除法のノウハウが「ゴキブリホイホイ」として発売される

 

1976
インクジェットの研究を学会で発表

1983
光均一化技術が液晶テレビに採用される

液晶テレビ

1985
粉じん目視器「クリーンチェッカー」が環境器具として採用される

CCW-101-L_クリーンチェッカー

1989
光均一化技術がバックライトとして液晶表示器のほとんどに採用される

 

1993
代表取締役に諸橋久雄が就任

 

1994
輝度計測システムを外販

 

1998
新画像形成法による「アーティスサイン」を東京ビッグサイトに出展

 

2000
銀座ソニービルに「アーティスサイン」が展示される

銀座ソニービル|アーティスサイン

2001
「アーティスサイン」の販促活動を強化。「LED建築システム照明」も都内3か所に設置。

2002
「アーティスサイン」が駐車場表示機器・道路標識として採用される。「照度計測システム」の販売を開始。

道路標識|アーティスデザイン

2003
50インチ用輝度計測システムを開発し販売する。また「アーティスデザイン」が自動改札機、遊戯機器に採用される。「建築用LEDシステム照明」が全国のブティック30店舗以上に採用される

2004
「アーティスデザイン」が有名高級ブランド・高級化粧品・エステサロンなどに採用される

 

2005
本社を現在地に移転

 

2007
新幹線N700系全てに「アーティスサイン」が採用される

N700系採用|アーティスサイン

2008
「LED照明システム」が銀座、丸の内、表参道、渋谷などの店舗施設で利用される

 

2009
「LED関連技術」の研究実績が10年を超え、様々な場所で「より良い環境を目指す」をキーワードに活動を広げる

 

2014
LED制御技術による制御機器が累計2万台を超える

LED照明制御製品一覧

2015
クリーンチェッカーが1300台以上の販売実績となる

CCW-101-L_クリーンチェッカー

2016
九州工業大学の研究室に実験用LEDシステムを納入

 

2017
LED調光用位相制御信号・PWM変換器(PPC-1000)が「第13回 川崎ものづくりブランド」に認定

川崎ものづくりブランド